ブログ

価値を創造することからの逆算

前回は、コンセプトからの逆算思考で、
インターフォンについて
考えることをお伝えしました。

今回は、USBコンセントです。

スマホ・タブレットを使いやすくなる設備

はじめての子育てあんしん賃貸は
キッチンのコンセントを
USB対応としました。

なぜなら、キッチンでタブレットなどで
料理のレシピを見るときに

「あ〜電池がなくなる〜」

というときに、
すぐにUSBケーブルをさせるように。

もちろんアダプタがあればいいのですが

あれ〜どこいったっけ? となったり
コンセントから出っ張るのは嫌だったり

それならば・・・
内蔵しちゃえと採用したのです。

ちなみに、ほかのコンセントも
対応したいな〜と思うのですが、

それはコスト増につながります。

ここで大事なのは、

後付けできる設備は優先度を下げる

という考えです。

もしかしたら、そこまで
入居者さんに評価されない!

そんな可能性があるからです。

 

その一方で後付けできない設備や工夫もあります。

これは多少のコスト増となっても
採用したほうが

後々のコスト増とならずにすみます。

次回はこのあたりを説明しますね。

 

私は、

ありふれた賃貸住宅から
一歩も二歩も抜け出すために

どんな人に住んでほしいのか?

と『ヒト』にフォーカスして
お客様に伝えることって

大事だよな〜と思ってます。

 

広さや設備などの「モノ」の性能で勝負は限界です。

これからは、
お客様=「ヒト」にフォーカスして勝負することです。

 

ただいま、

ファミリー新築一棟投資法入門セミナー
一瞬で利回り8%を叩き出す土地を選ぶ見極め術

を、準備しています。

土地探しにも応用できる
「ヒト」にフォーカスする考え方を
ご紹介します。

どうぞ、お楽しみに!


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!