ブログ

価値を創造することからの逆算

前回は、コンセプトからの逆算思考で、
玄関の鍵を例に費用対効果と
設備導入の優先度について紹介しました。

今回は、実務的な進め方を紹介します。

見積依頼の前にコンセプトと項目をリストアップする

千葉葉市中央区村⽥田町テラスハウス企画書(原案)

 

はじめての子育てあんしん賃貸は
建設会社に概算見積りを依頼する前から
企画書を作成していました。

もしかしたら建設会社によっては

「面倒な客だな〜」

と嫌われることもあるでしょう。

しかし

「こういう仕事をしたかったんだ!」

と共感してくれる建設会社もいます。

 

また、設計を進めるに従って
アレコレ注文や議題があがるより

最初からリストアップされている方が
仕事は進めやすいものです。

 

そしてリストアップした事項を
土地の形状や建物のプランに合わせて
図面に反映させます。

さらに見積書を作成いただきます。

次に、費用と優先度とを考えて、
採用・不採用を決めていきます。

 

こうしてはじめての子育てあんしん賃貸は
スタートしたのです。

 

次回、具体的な項目について
再び紹介していきますね。

 

私は、

ありふれた賃貸住宅から
一歩も二歩も抜け出すために

どんな人に住んでほしいのか?

と『ヒト』にフォーカスして
お客様に伝えることって

大事だよな〜と思ってます。

 

広さや設備などの「モノ」の性能で勝負は限界です。

これからは、
お客様=「ヒト」にフォーカスして勝負することです。

 

ただいま、

ファミリー新築一棟投資法入門セミナー
一瞬で利回り8%を叩き出す土地を選ぶ見極め術

を、準備しています。

土地探しにも応用できる
「ヒト」にフォーカスする考え方を
ご紹介します。

5月の日程は下記で準備中です。

  • 5/7(土)10時~(目黒)
  • 5/14(土)10時~(目黒)

どうぞ、お楽しみに!


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!