ブログ

これからアパートやマンションを新築したり
投資用不動産を購入するのなら

人口予測はチェックしておきたいものですね。

データはこちらで手に入ります。

もちろん無料。

将来推計人口・世帯数 | 国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Mainmenu.asp

市区町村別で
5歳区分で
男女別もあります。

ですが、全体の推移を見るよりも、
自分の物件の入居者層に絞ります。

私の場合は

はじめての子育てあんしん賃貸

というテーマなので
25歳から34歳の女性の人口だけ抽出。

Excelのグラフ機能で
人口と増減率でグラフ化しました。

視覚的に分かりやすくなります。

 

そして単体で見るのではなく、
比較対象を用意します。

 

今回は、千葉県佐倉市と千葉市中央区。

 

佐倉市は検討中の土地があるので。

千葉市中央区は先月完成した
新築物件があるから。

 

佐倉市は・・・減る一方ですね。

千葉市中央区は人口が増える時期があります。

 

このグラフからわかることは

  1. 2020年から2025年にかけて千葉市中央区は人口が増える
  2. 佐倉市は人口が減少市続ける
  3. 佐倉市も2020年から2025年にかけて減少幅は縮小

さらに詳しく検討するなら
持家率や婚姻率も
加味したいかな〜とも思います。

 

次回、もう少し、
ほかのエリアと比較してみますね。

 

追伸

私は、結婚や出産を機に
マイホームを買うのは

少し早いんじゃないかな〜

と思っています。

ですが、そのタイミングで
住みやすい賃貸住宅が少ないもの。

そこで、

はじめての子育てあんしん賃貸

をコンセプトに

新築や中古物件のリノベーションを
提案しています。

子育て支援は国からの支援も
期待できる分野です。

ファミリー物件の大家さん
シングル向けの新築に不安な地主さん

ファミリー向けに住みやすい賃貸を
世の中に発信していきませんか?

 

 

詳しくは、

ファミリー新築一棟投資法入門セミナー
一瞬で利回り8%を叩き出す土地を選ぶ見極め術

で解説します。

詳細はこちらです。
http://www.ooyajuku.com/?p=10398

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!