ブログ

これからアパートやマンションを新築したり
投資用不動産を購入するのなら

需要調査=入居見込者数を
チェックだけでは片手落ち。

もう片方の

供給調査=新築住宅数も
チェックしておきたいもの。

 

都道府県単位なら調べるのはカンタン。

こちらにまとまっています。

住宅着工統計
http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000612.html

 

 

本当は市区町村単位で
見たいものですよね。

ところがあまり市区町村で
公表しているところがありません。

 

 

私の場合は

はじめての子育てあんしん賃貸

というテーマなので

ファミリータイプの新築数を

賃貸住宅に限らず
分譲マンションなども

競合するので調べたいものです。

 

市町村単位で住宅着工統計を調べるには
あの場所にいくのが確実です。

 

あの場所とは?

 

次回にて!

 

 

追伸

私は、結婚や出産を機に
マイホームを買うのは

少し早いんじゃないかな〜

と思っています。

ですが、そのタイミングで
住みやすい賃貸住宅が少ないもの。

そこで、

はじめての子育てあんしん賃貸

をコンセプトに

新築や中古物件のリノベーションを
提案しています。

子育て支援は国からの支援も
期待できる分野です。

ファミリー物件の大家さん
シングル向けの新築に不安な地主さん

ファミリー向けに住みやすい賃貸を
世の中に発信していきませんか?

協力していただける方はこちらをご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/hiyokohouse

 

または、

ファミリー新築一棟投資法入門セミナー
一瞬で利回り8%を叩き出す土地を選ぶ見極め術

を受講いただければ解説します。

詳細はこちらです。
http://www.ooyajuku.com/?p=10398

前回は2名の方が
ファミリー新築一棟投資法を
スタートされました!


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!