ブログ

ココットハウス_logo02_300x60はじめての子育てあんしん賃貸ポータルサイト
クラウドファウンディングで支援募集中!!
https://readyfor.jp/projects/hiyokohouse


これからアパートやマンションを新築したり
投資用不動産を購入するのなら

数千万円、数億円単位のお金を使うのですから
やれることはやりつくしておきたいもの。

需要を調査するには人口増減数を
供給を調査するには住宅着工数を

それぞれネット上で調査ができます。

 

今回は、供給と需要の両面の分析として、
ファミリー賃貸物件(31〜69平米)の
<出生数>と<既存物件数>をグラフにしてみました。

クリックで拡大

佐倉市は、年間1133人の赤ちゃんが生まれて、
ファミリータイプの賃貸は約6,080戸あります(倍率 5.37)。

宇都宮市は、年間約4,796人の赤ちゃんが生まれて、
ファミリータイプの賃貸は約44,550戸あります(倍率9.29)。

つまり、佐倉市は、宇都宮市に比べて、
出産を機に引越そうとしたときに
選べる賃貸物件が少ないことになります。

もちろん、

出産=ファミリータイプの賃貸で引越 とは限りませんが、
需要と供給のバランスの指標の一つになりそうです。

 

あなたの都市では、どんな結果になりますか?

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の成功率を高めてくださいね。

 

次回に続きます。

 

追伸

安全・カンタン・儲かる!
ファミリー新築一棟投資法《入門》セミナー

で詳しく解説しています。

詳細はこちらです。
http://www.ooyajuku.com/intro

前回は1名の方が
ファミリー新築一棟投資法を
スタートされました!


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!