ブログ

ココットハウス_logo02_300x60はじめての子育てあんしん賃貸ポータルサイト
クラウドファウンディングで支援募集中!!

はじめての子育てあんしん賃貸オリジナルリフォームのモニター募集準備中。
クラウドファウンディングでお得なメニューがあります。

【ファミリー物件の大家さん向け】のリターンの内容を今すぐチェック!
https://readyfor.jp/projects/hiyokohouse

これからアパートやマンションを新築したり
投資用不動産を購入するのなら

数千万円、数億円単位のお金を使うのですから
やれることはやりつくしておきたいもの。

常識的にはシングルタイプのほうが
部屋数を増やせるので儲かります。

ですが、居住年数や
需要と供給バランスを考えると

実際どうなのだろう?

と疑問に思い、
ファミリータイプの研究をしています。

 

前回は、シングル物件とファミリー物件の
以前の住まいからの家賃の変化を比較しました。

結論は、ふたり暮らしの家賃上昇が
極めて目立ちました。

2万円以上アップが20.4%もあったのです。

東京中心のデータとはいえ、
この数値は無視できませんね。

 

部屋探しで築年数をどれくらい重視するのか?

今回は、引っ越し前の家賃と引っ越し後の家賃で
上がったのか下がったのかの調査結果を見てみます。

資料は、第7回首都圏賃貸住宅市場における
入居者ニーズと意識調査2015~2016から。
(回答者の住所は東京都で75%)

部屋探しで築年数をどれほど重視するのか?

シングルは気にする傾向に、
ファミリーは気しない傾向にあります。

まったくの私見ですが、
初めての一人くらしなら

とりあえず新しいほうがいい(安心)
というイメージがあります。

ファミリーは、ただ単に新しいというより、
実質的な機能面重視というイメージがあります。

まあ、実際は、便利で新しくて綺麗で広くて
安い順番に部屋が埋まるのが基本ですよね。

 

全体を見て、そして数字を見て判断しよう。

そうはいっても、この記事は、
全体のほんの一部分だけ。

一部分だけで全体を判断するのは、

木を見て森を見ず

ですよね。

何事も例外はありますし、
ゼッタイだと思っていた通説が
ひっくり返ることだってあります。

特に、今は、戦後や明治維新と
同じくらい激動の時代だという
見方もあるときです。

思い込みを捨てて
未来を見据えたいものですね。

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の
成功率を高めてくださいね。

 

追伸

安全・カンタン・儲かる!
ファミリー新築一棟投資法《入門》セミナー

で詳しく解説しています。

詳細はこちらです。
http://www.ooyajuku.com/intro

前回は1名の方が
ファミリー新築一棟投資法を
スタートされました!


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!