ブログ

これからも家族と楽しく豊かに暮らす
ワークライフバランスを築きたい方のため
東京大家塾を主宰している大友哲哉です。

 

今はファミリー賃貸を研究していますが、
方法は一つではないので、
不動産は広く浅くアンテナを立てています。

 

そんな中で今回のテーマはこちら!

 

不動産の評価額と時価のギャップ

不動産は、税金を計算する上での評価額と
実際に取引される時価に大きな差があります。

ものすごくざっくり言うと
税務上の評価額は時価の半分。

税務上は5千万円程度なのに
1億円で取引されるのです。

このギャップを使うことで
いろいろな節税ができます。

特に相続対策です。

親に資産があればあるほど
子は相続税の支払いに苦労します。

ですので、本当の資産家は、
事前にできるだけ子に、
資産を贈与しようと考えます。

といっても贈与税で半分は
なくなってしまうので、

先ほどの不動産の評価と時価の
ギャップを使って考えます。

例えば、昭和バブルの時代に規制されて
もはや使えなくなった禁じ手が
次のようなものです。

1億円の不動産に5千万円の借金付きで贈与

贈与税を計算する上で
1億円の土地建物の評価額は5千万円。

ここにマイナスの資産となる借金が
5千万円あるので評価額はゼロ。

ゼロ円の贈与なので贈与税もゼロになる…

だけど、時価で売却すれば1億円です。

5千万円の借金を返済しても
5千万円残ります。

こうして贈与税ゼロ円で
5千万円の資産を移転できたのです。

 

繰り返しますが、今は、この方法は使えません。

負担付き贈与は評価額ではなく
時価で計算することになったから。

こうして税務当局と資産家と
税務と不動産のプロたちとの
イタチごっこは永遠に続くのです(笑)。

 

では、この方法を潰された
税務と不動産のプロは
次の一手として何を考えたのでしょうか?

それはまたの機会に!

 

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の
幅を広めてみてくださいね。

 

具体的なことは個別相談に応じますよ。

お問い合わせよりどうぞ。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!