ブログ
火災保険に入っていれば、万が一アパートが全焼しても、建て替えできるほどの保険金がもらえる。
これは、おおむね正しいものです。
地震保険にはいっていれば、万が一アパートが全壊しても、建て替えできるほどの保険金がもらえる。
これは、まったくの誤りです。
火災保険の役割は、万が一の火災によって資産がなくなるリスクを
転嫁することにあります。
しかし、地震保険の役割は、
万が一の地震によって資産がなくなるリスクを
転嫁するものではありません。
では、地震保険の役割は何でしょうか?
それは、地震被害による被災者の当座の生活資金なのです。
なぜなら、地震被害は収入源も破壊するため、
とたんに生活資金に困ることになるからです。
火災であれば、勤務先に影響はありませんから、
収入に変わりはありません。
一方、地震は広い範囲に被害が出るので、
勤務先も影響を受けます。給料がもらえない可能性もあるのです。
もちろん、現実的に、大地震による被害で、
莫大な保険金支払いができなくなるから、
という理由もあります。
そのため、火災保険の金額の50%までといった限度額があります。
ただ、最近、新しい保険商品で
火災保険と同額まで補償を上乗せできるものが出てきました。
また、相談者の事例で、
火災保険の掛けすぎ・足りなすぎというケースが、
まま見られます。
あなたも火災保険・地震保険、最新情報や、
今の保険の見直しをしては、いかがでしょうか?
追伸
自動車の車両保険も同じように、
地震・津波は、基本、免責となります。
でも、特約で入ることができました。
ところが加入率は1%未満だとか。
加入しているのは保険業界関係者ばかり!?
なんかズルいな(?)と思っていたら、
今月より
「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」
で、50万円(または時価まで)を払うのが登場しています。
保険料は年間5千円。
主要損保は取り扱いあるようです。
追伸2
火災保険は、保険会社の支払いなので、
なるべく払わない方向で査定される傾向にあります。
でも、地震保険は払う方向で査定されます。
地震保険は民間の事業ではなく、
民間と政府の共同運営の制度だからです。
追伸3
大家検定2級認定講座
2/15(水)10:00~13:00×4週計12時間
中核代理店となっている損害保険会社の方も受講します。
アパート経営にも明るい
損害保険会社の方と知り合えるチャンス!?
http://www.ooyakentei.net/diary/Schedule2012.html 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!