ブログ

4/16(土)の大家塾は、空室対策と相続税をテーマに開催しました。

その後、いつものように懇親会をしていたところ、
ある会員さんから奇妙な募集チラシを見せてもらい驚きました。

そこには、新しいノウハウの片鱗があったのです。

新しいノウハウはどのように生み出されるのかご存知でしょうか?

いくつかありますが、その中のひとつは、

別の業界の成功事例を、自分の業界に取り入れることです。

なぜなら、ある業界で標準ということは、

うまくいく仕組みが出来上がっているわけです。

また、その仕組みになじみがある人も多いのです。

つまり、元々うまくいく仕組みで、

しかもなじみのある人が多いので、

別の業界でも受け入れられやすいので、

うまくいく可能性が高くなります。

逆に、まったく突拍子もないアイディアは難しいのです。

うまくいく仕組みもできあがっていませんし、

受け入れられる素地ができていないので、

拒絶されやすいのです。

そこで、別業界の成功事例を自分の業界に持ってくることが、

新しいノウハウとして成功しやすいのです。

さて、具体的な事例を紹介しましょう。

前述のAさんはフィギュア業界人です。

フィギュアというのはこのようなものです。※閲覧注意(?)
参考画像はこちら

※画像とAさんは直接は無関係です。

物件は、某国立大学の工学部があるキャンパスの徒歩圏にあります。

工学部学生≒アキバ系 とのことで、
そうした人を想定して作成した募集チラシ関係です。

まだ製作途中とのことで、成功事例となるかは不明ですが、
面白いので紹介します。

といっても、あまりにも奇妙すぎて、
うまく説明できそうにありません。

そこで、ありのまま、
今、目の前にある募集チラシのことを話ます。

『単なるアパートの募集チラシかと思ったら、
いつのまにか戦闘員の募集チラシだった。』

何を言ってるのか、わからないと思います。

私も何が何やらわかりません。

頭がどうにかなりそうです。

見間違えだとか夢だったとか

そんな陳腐なものでは、断じてありません。

もっと奇妙なものの片鱗を味わいました。

ちょっとご覧ください。

いかがでしょうか。

募集チラシに説明は不要かと思います。

2頭身のかわいらしいキャラクターが
アクセントになっていますね。

次に、マンガ部分は、説明が必要そうです。

どこかの皇国の王子(?)が、

なぜか、このアパートに住むことになり、

なぜか、別の国から攻撃を受けることになり、

なぜか、このアパートが要塞(?)になっていて反撃しています。

そして、最後に、戦闘員(入居者)が必要だ、
と、まとまています。

今後、ストーリーや登場人物の設定なども、
作りこんでいくようです。

この例は、かなり特殊だと思います。

ただ、サラリーマン大家さんや、

自営業をやっている人は、

ご自分の業界で普通のことを、

賃貸経営にも取り入れてみることを

おすすめいたします。

これって、根っからの地主さんは難しいです。

地主さんは自分で考えるより、

面白い提案をしてくる人を見極めて、

まずは小さく始めてみることですね。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!