ブログ

これからアパートやマンションを新築したり
投資用不動産を購入するのなら

数千万円、数億円単位のお金を使うのですから
やれることはやりつくしておきたいもの。

常識的にはシングルタイプのほうが
部屋数を増やせるので儲かります。

ですが、居住年数や
需要と供給バランスを考えると

実際どうなのだろう?

と疑問に思い、
ファミリータイプの研究をしています。

 

管理状況は何を見る?

前回「部屋選びに管理状況を重視する人しない人」に続き
具体的に何(ドコ)を見て
管理状況を判断するのか?

 

 

管理状況、ドコを見る?

管理状況、ドコを見る? クリックで拡大

資料は、第7回首都圏賃貸住宅市場における
入居者ニーズと意識調査2015~2016から。

このグラフにはデータがありませんが
2年前のデータと比較すると

ゴミ置き場植栽状況の数値が上昇しています。

 

 

確かに、週一回程度の定期清掃でも
十分なものです。

しかし、ゴミは週に2〜3回ありますし、
季節によっては雑草もすぐ目立ちます。

そうなると、週に2回3回と、
清掃業者とはいわずとも

管理会社や大家さんが巡回しているなら
目立つようなゴミや雑草は
対応できますよね。

つまり「管理状況の良い物件」と判断できます。

 

たまたま問題をどのように解消するか

その一方で、次のような問題があります。

管理状況は良いのに「たまたま」汚れていた

ちょっと風の強い日のあとなどは
ゴミが散らかることもありますよね。

そんなときに内見者が来ると
もしかしたら「管理状況の悪い物件」と
思われてしまうかもしれません。

一部分だけ見て全体を判断されると
困りますが無理もありません。

 

そこで私の気づきとしては、次の3つ。

  1. 管理状況の良し悪しの判断基準がない。
  2. 現地のドコを見るべきかの基準がない。
  3. 仲介会社の内見同行しても管理状況のアピールは(おそらく)できないだろう。

 

つまり、管理状況を気にする方や
管理状況を現地確認する方向けに
アピールしてもいいと思うのです。

 

管理状況の良さをアピールする5つの方法

具体的なアピール方法は、次のような方法です。

  1. 入居のしおりに記載して現地に置く
  2. A4一枚くらいのチラシを現地に置く
  3. POPを作成して現地に貼る
  4. 清掃などのスケジュールなどをホームページに記載する
  5. 管理状況のチェックシートを作成して内見者に渡したり、清掃担当者に渡したりして、両者の視点を揃える。

 

全体を見て、そして数字を見て判断しよう。

そうはいっても、この記事は、
賃貸経営を成功させるのに必要な項目の
ほんの一部分だけ。

一部分だけで全体を判断するのは、

木を見て森を見ず

ですよね。

何事も例外はありますし、
ゼッタイだと思っていた通説が
ひっくり返ることだってあります。

特に、今は、戦後や明治維新と
同じくらい激動の時代だという
見方もあるときです。

思い込みを捨てて
未来を見据えたいものですね。

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の
成功率を高めてくださいね。

 

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!