ブログ

 

常識的にはシングルタイプのほうが
ファミリータイプより部屋数を増やせるので儲かります。

ですが、居住年数や
需要と供給バランスを考えると

実際どうなのだろう?

と疑問に思い、
ファミリータイプの研究をしています。

今回のテーマはこちら!

 

内見しないで契約できるか?

一般的には、部屋を借りるときには
実際の部屋を内見してから契約します。

その一方で、お部屋も通販(オンライン)で
決めてしまうという選択肢もあります。

実際に、ホテルや旅館はオンライン契約ですよね。

 

詳細な情報があっても契約できる人は33%

 

とはいっても、数年は住むところ。

基本的に返品も交換もできませんから
実物は見たいものですよね。

と、思いきやアンケート調査では
現状よりも、もっと詳細な情報があれば
内見せずに契約するという割合が
33%もあります。

内見せずに契約できるか? クリックで拡大

資料は、第7回首都圏賃貸住宅市場における
入居者ニーズと意識調査2015~2016から。

 

シングルとファミリーで差はない

シングルvsファミリーの比較としては
ほとんど差がありません。

シングルは内見しないで決めてもいい
と考える方は多いイメージでしたが
そうでもないようです。

 

 

返品や交換が出来るならオンライン契約は実現するか?

内見せずに契約できないのは
やっぱり長期間使うものであり
高額であるから。

 

確かに、通販する商品やサービスは
少額なものがおおいもの。

店頭で探したり
移動する時間やコストを考えると

アマゾンや楽天でネット通販するのは
とっても便利な時代です。

 

ただ、高額な家電などは
実際に店舗で確認する方も多くいます。

 

ところが、靴や洋服など、
そこそこ高額であり
しかも長期間使うであろう商品で

交換・返品不要という
通販会社が増えてきています。

じたくで試着、きがるに返品。

例)ロコンド|じたくで試着、きがるに返品。

 

じたくで試着・きがるに返品を賃貸住宅に置き換えてみる

これを賃貸住宅に置き換えるとするなら

  • 1週間仮住まい(無料)
  • きがるに退去(無料)
  • ほかの部屋に移転も可能(無料)
  • セール時の退去や移転は有料

となるのでしょうか。

なんという非常識!

ですが、靴の通販も当初は
きっと非常識と言われていたのでしょうね。

 

全体を見て、そして数字を見て判断しよう。

そうはいっても、この記事は、
賃貸経営を成功させるのに必要な項目の
ほんの一部分だけ。

一部分だけで全体を判断するのは、

木を見て森を見ず

ですよね。

何事も例外はありますし、
ゼッタイだと思っていた通説が
ひっくり返ることだってあります。

特に、今は、戦後や明治維新と
同じくらい激動の時代だという
見方もあるときです。

思い込みを捨てて
未来を見据えたいものですね。

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の
成功率を高めてくださいね。

 

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!