ブログ

空室対策するのに、お金は必要です。

 リフォーム費用
 インターネット無料化
 ケーブルテレビ無料化
 防犯カメラ・電子錠の導入
 テレビモニター付きインターフォンに交換

などなど。

あなたも、今でこそ、

「新築当初から計画的に再投資する資金を蓄えなければならい」

という知識があっても、時既に遅し。
築20年の物件で、
十分な蓄えがないと話になりません。

空室が目立ってきて空室対策したくても、
その資金がありません。

大切な老後の生活資金を切り崩してまで
投資をして空室が埋まらないようでは
生活が破綻します。

こんなことは避けたいですよね。

でも、何かしなければ、
空室は増える一方で、
収入は減る一方なのも時間の問題です。

でも、もし、あなたの物件が、
木造の切妻アパートなら、
空室対策するお金を生み出す【打ち出の小槌】が
手に入るかもしれません。

【打ち出の小槌】

それは太陽光発電システムです。

アパートの屋根に太陽光発電システムを載せます。

昼間電気を発電します。

共用部分の電気代に充当します。

アパートは昼間に共用部分で電気を使うところは
ほとんどありません。

ですので、発電した電力の大部分は売れます。

この収益を「空室対策」の原資にするのです。

「儲かった! たまには旨いもの食いに行こう!」

ではダメです。(気持ちは分かります!)

 リフォーム費用
 インターネット無料化
 ケーブルテレビ無料化
 防犯カメラ・電子錠
 テレビモニター付きインターフォンに交換

これらに投資するのです。

空室が満室になって、
いま居る入居者さんにも喜んでもらって、
満室安定経営を目指します。

ぜひ、あなたも【打ち出の小槌】の
太陽光発電システムの導入を検討してみましょう。

ではまた。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!