ブログ

相続税、いよいよ増税へ動き出しましたね。

NHK:政府税調 相続税見直し検討へ

今年度の、小規模宅地の評価減の特例の変更に始まり、
次は基礎控除の縮小です。

いよいよか、といったところで、気が重いですね..

もし、あなたが以前に、相続税の試算をしたことがあっても、
相続税のルール変更により役に立たなくなります。

路線価が下がっていれば資産総額も減るのでしょうが、
借入金の元本も減っていますよね。

しかも、今年度に入って、小規模宅地の評価減の特例も、
適用条件が厳しくなりましたので、
昨年以前に相続税の試算をした人でも、
再度、見直しの必要があります。

とはいうものの、あなたや、あなたの親の資産が、
自宅とアパート1棟と有価証券くらいなら、
相続税の試算をするのは、
それほど難しくはありません。

また、相続税の心配をすることも少ないことでしょう。

ただ、物件数が多かったり、法人を持っていたりすると、
ちょっと面倒です。

そんな場合は、顧問税理士に相談してみてはいかがでしょうか。

無料なのか有料なのかは、それぞれですが、

「報酬は払いますから!」

といえば、引き受けてくれるでしょう。

それでも難色を示すなら、
資産税は不得意な税理士さんかもしれません。

今後、相続税のルールが変わっていきますので、
資産税が不得手な税理士さんでは、
ちょっと心もとないですね。

税理士を替えられるなら替える、
いろいろな事情で難しいなら、
自分で税法を勉強していくことになります。

引き続き、相続税の動向については注目ですね。

ではまた!


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!