ブログ

こんばんは。大友哲哉です。

やっとのことiPhone4買いました。
長年、連れ添ったwillcomとはサヨナラします。

これで「あれ?willcomってまだ使えるの?」なんて
いじめられなくなります。

でも、周りがみんなiPhoneなので、
サブカルチャーな私としては、
ちょっと居心地の悪さを感じます。

とはいうものの想像以上に便利です。
もはや手放せません。
恐ろしいほどです。

さてさて、先日、
私も会員になっている大家さん学びの会(R)SNSで
http://ooya-manabi.com/

「大家と不動産仲介会社はWin-Winになれないのか?」

とのコメントを頂きました。

管理会社とはWin-Winになれますよね。

大家さんの代理的な立場です。

(すべての管理会社とはいえませんけど)

でも、仲介会社はどうしても入居者の代理的な立場になります。

ですので、Win-Winは構造的に難しいのではないでしょうか。

もっとも敵対するものでもなく、
良好な関係を築いて、
“真の”入居者ニーズの変化をフィードバックしてもらえると、
Win-Winに近づけますよね。

良質な住宅の供給者と仲介者になれますから。

同じ方向を向くことができます。

ただ、社員はもちろん、社長が、

「良質な住宅の仲介者となる」

との理念を持つことができるか、
といったところでしょう。

一昔前は「良質な住宅の仲介者となる!」なんていうと
小バカにされるような雰囲気でしたが、
ビジネスと両立できると、今は尊敬されます。

もし、あなたの付き合っている不動産仲介会社さんが、
「良質な住宅の仲介者となる」との理念をお持ちなら、
ぜひ、ちょっと長い目で応援してあげましょうね。

ではまた。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!