ブログ

7月3日(土)に大家塾を開催しました。

利回り利幅を拡大する賃貸経営の効率化
http://www.ooyajuku.com/closed_seminar/20100703.html

後援いただいたベンディアムさんに、
無理を聞いてもらって実現した

特別企画「●●●●無料!」は大反響でした!

※参加者と大家塾会員限定の特別企画のため非公開

参加者様のアンケートでは

 入居者様に「無料インターネット接続」を提供して
 空室対策と長期入居化を実現したいと思っていました。
 同業他社と比較検討するのがバカらしいほどの特別企画、
 すぐにエントリーさせて頂きました!

と、お喜びの声が。

こんなふうに喜んでもらえると私も嬉しいです。

さて本題です。

今回の大家塾の中で質問が出ました。

「最新人気設備ランキング2009に防犯カメラがないのは何故?」

たしかに全国賃貸住宅新聞社の最新人気設備ランキング2009には
防犯カメラがランキングされていません。

過去のランキングを見ると9位に入っていたこともあるのに。

もしやニーズはないのでは?

しかし、

ランキングの作成方法が、
不動産仲介会社のヒアリングなので、
どこまで実際のニーズを反映しているのか微妙
との意見もありますし、

 3位 TVモニター付きインターフォン
 4位 オートロック
 10位 ディンプルキー

とあるように、防犯意識の高まりは顕著です。

私の意見ですが、
オートロックが防犯対策を象徴しているのではないか?
と考えています。

「防犯対策」=「オートロック」のイメージです。

例え、オートロックのない物件でも、

 防犯カメラ
 カラーモニター付きインターフォン(最近は録画機能も)
 ダブルロックやデジタルキー
 サムターン回し防止キャップ
 バールこじあけ防止カバー

などで、防犯対策をしていることをアピールすることは、
空室対策と長期入居化に貢献することでしょう。

事実、賃貸契約をするときに
入居者さんからは決め手になったものとして
防犯カメラを挙げる声は多いです。

とはいうものの

防犯カメラの導入コストが高額なら
導入する優先順位は低いです。

ところが、

インターネット化するときや
地デジ化するときに、
同じ、工事会社が防犯カメラの取り付け工事もきるなら、
人件費(労務費)を共有化できるので
工事費用を大きく削減することができます。

あなたが、大型スーパーで買い物をするのは、

 あっちの八百屋行って
 こっちの魚屋行って
 そっちの肉屋行って・・・

とするより、
一ヵ所で一気に買い物できるのが便利で早いからですよね。

極めて特殊な野菜や魚や肉を買うのでない限りですけど。

インターネット化も同じです。

 ついでに地上デジタル対応にして
 ついてに防犯カメラも取り付けて
 ついでにドアの鍵をデジタルキーにして
 ついでにテレビモニター付きインターフォンにして

とすると、時間と労力を一気に投入できますので、
個別に工事するより、
人件費(労務費)を大幅に削減できます。

こうした、ちょっとした工夫(?)や
タイミングで、空室対策コストの削減もできるものです。

ではまた!

追伸

こうしたハードウェアによる空室対策を
費用対効果の高い方法、アドバイスします。

▼大友哲哉に相談予約をどうぞ(初回無料)
https://www.form-answer.com/applications/RTFKH

+++ 入居募集・賃貸管理のご相談 +++

空室だらけでお困りの大家さん
定期借家を活用してリスクコントロールしたい大家さん
ペット対応に取り組みたい大家さん
大規模修繕か売却かお悩みの大家さん
家賃滞納・迷惑行為を繰り返す入居者にお困りの大家さん

▼大友哲哉に相談予約をどうぞ(初回無料)
https://www.form-answer.com/applications/RTFKH