ブログ

これからも家族と楽しく豊かに暮らす
ワークライフバランスを築きたい方のため
東京大家塾を主宰している大友哲哉です。

自分たち家族が楽しく豊かになりたいなら
入居者さんもシングルではなく
ファミリー向けに喜ばれる住まいを提供しよう!

そう考え研究を続けています。

 

引き続き、ファミリー向け物件で
私が研究し実践した取り組みを
レシピ集としてシェアしていきます。

とってもカンタンなことから
新築するときでないとできないことまで
多種多様にあります。

1つでも、

「私にもできそう!」
「今度やってみよう!」
「そうやってアピールすればいいんだ!?」

そう思ったら実践して、

ず〜〜〜っと空いていた部屋に
入居者さんが入って
感謝されたら嬉しいですよね。

今回のテーマはコチラ!

入居中の部屋を内見できるようにする

「おじゃましまーす」「いらっしゃ〜い」

いまは内見というと
空室を見るというのが実態。

でも、誰が決めた?

見たいし・見せたいのなら
誰もダメだとは言えないものです。 

ただ単に管理会社の担当者が
面倒な仕事で売上にも
ならないからやらないのか。

おこづかいを出そう(マイナス家賃)

入居者さんには、おこづかいをお渡しします。
商品券でもクーポンでも。

手間代ですね。 

大友哲哉のホンネ)本質は満室でも入居募集すること

おこづかいと出すのが目的ではなく

満室でも入居募集しておくのが
最大の目的。

もう一つは、
入居者に長く住んでもらうこと。

おこづかいというより
接触頻度を増やして

小さな不安や不満を聞いて
解消してあげること。

小さな不安や不満は
そういう機会でないと
拾いきれないのです。

 

そうして小さな不満がたまって
退去になる・・・こともあります。

そんな損失を少しでも回避できるなら?

と私は考えますが
あなたはどのように思いますか?

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の
成功率を高めてくださいね。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!