ブログ

これからも家族と楽しく豊かに暮らす
ワークライフバランスを築きたい方のため
東京大家塾を主宰している大友哲哉です。

自分たち家族が楽しく豊かになりたいなら
入居者さんもシングルではなく
ファミリー向けに喜ばれる住まいを提供しよう!

そう考え研究を続けています。

 

引き続き、ファミリー向け物件で
私が研究し実践した取り組みを
レシピ集としてシェアしていきます。

とってもカンタンなことから
新築するときでないとできないことまで
多種多様にあります。

1つでも、

「私にもできそう!」
「今度やってみよう!」
「そうやってアピールすればいいんだ!?」

そう思ったら実践して、

ず〜〜〜っと空いていた部屋に
入居者さんが入って
感謝されたら嬉しいですよね。

今回のテーマはコチラ!

お風呂の追い炊き機能をつけてあげる

お風呂

お風呂のイメージ

賃貸だとファミリー物件でも
お風呂の追い炊きがない部屋も。

確かに、熱湯を足せばいいのですが
追い炊きしたい要望は

地域差もありますが
強いものがあります。

 

設備の地域差の需要や供給を確認する方法

子どもとお風呂

子どもとお風呂

地域によって、当たり前の設備があります。

単身者向けなのに、ほとんどの物件で
追い炊きがついているエリアもありますし

ファミリー向けなのに
追い炊きがついていないエリアもあります。

こうした設備のエリア別の傾向を
把握するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

その1仲介会社にヒアリング

まず一つは、仲介会社さんに聞いてみることです。

なぜなら、彼らが専門家の中では
もっともお部屋探しのお客様と接しているから。

空室対策コンサルタントより上です。

ヒアリングを外してはいけません。

その2suumo賃料・設備相場チェッカー

suumo賃料・相場チェッカー

suumo賃料・相場チェッカー

意見は意見で大事です。

ですが、偏った意見のことがあります。

そこでデータとしての事実と
突き合わせてみることです。

このとき便利なのがsuumoのサービス。

ポイントは以下の通り。

  • 重要がある 供給もある →外してはいけない設備
  • 重要がある 供給はない →強みとしてアピールすべき設備
  • 需要がない 供給はない →導入しなくていい設備

大友哲哉のホンネ)仲介会社にソッポを向かれないように

現時点では、入居募集は仲介会社に
依存してしまうのは仕方ありません。

ですが、少しずつ独自に集客することに
シフトしていきたいもの。

なぜなら広告費の高騰が予想されるから。

一方で他業界は<仲介>がなくなっています。

例えば書籍。

書店という仲介店は壊滅しています。

賃貸仲介もオンラインで物件を比較検討されて
オンラインで契約を締結する

そんな時代もいずれくる・・・

と私は考えますが
あなたはどのように思いますか?

そのときに、あなたの物件の良さを
しっかりアピールできるようになっていて

選ばれる商品になっているといいですね。

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の
成功率を高めてくださいね。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!