ブログ

これからも家族と楽しく豊かに暮らす
ワークライフバランスを築きたい方のため
東京大家塾を主宰している大友哲哉です。

自分たち家族が楽しく豊かになるために

シングルではなくファミリー層から
喜ばれる賃貸住宅やサービスを提供しよう!

そう考え研究を続けています。

今回のテーマはこちら! 

住まいの安全対策(浴室・トイレ編)

家庭内の不慮の事故による死者は63%

家庭内の不慮の事故による死者は63%

家庭内は安全でありたいもの。

ですが実は交通事故死よりも
家庭内の方が死亡事故が多いのです。

そこで賃貸住宅の大家さんも
入居者さんに配慮できるポイントで

浴室・トイレで
使えるポイント5つ紹介します。

1.手すり

浴室、トイレ、両方にあっていいいのが手すり。

高齢者向けはもちろん
妊婦さんも欲しいもの。

ただし利用者によって、
手すりの欲しい位置や高さは異なるので

大家さん主導ではなく
入居者さん主導で設置するのが吉。

2.浴槽内滑り止めシート

浴槽内の転倒事故も報告されています。

滑り止めシートの存在を
入居者さんに案内するのも一つですね。

3.洗い場マット&滑り止めテープ

浴槽内のように洗い場も滑りやすいようなら
洗い場マットを入居者さんに紹介しましょう。

4.浴室暖房機

浴室乾燥機には、暖房機能がついている機種がほとんど。

冬場は先に温めておくと
温度差による体調急変を防げます。

5.トイレ用温風ヒーター

浴室と同じように温めておくことで
温度差による体調急変を防げます。

 

 

詳しくはデイツーの暮らしの便利帳にて

家庭の安全対策

家庭の安全対策(クリックでダウンロード)

あれ? 大家さんってケチ臭くね?

確かに、上記の説明は

入居者さんがやればいい

とケチ臭く聞こえます。

ですが、事故が起きた時に
責任問題にもなりますので

大家さんが全て対応するのではなく
あくまで入居者さん主導とすべきなのです。

そこで大家さんとしては
安全対策が必要なことや
販売店を案内するにとどめます。

 

また、設置するにあたって
壁紙などが痛むようなことがあっても

原状回復義務は
免除してあげるといいですね。

大友哲哉のホンネ:親切心とおせっかい

こうした配慮は

求められていないのに
押し付けると迷惑がられて

求められているのに
何もしないと不満になります。

 

かといって入居者さんが
わざわざ問い合わせることもしません。

定期的にアンケート取って
ちょっとした不満を
拾いたいのですけどね。

やぶへびになりかねないジレンマが…

第三者の動画アンケート戦略

そこで大家さんでも管理会社でもない
第三者からのアンケート

しかも動画によるアンケートで
入居者さんの隠れたニーズを拾い

原状回復工事に反映させて
少しずつ暮らしやすさを向上させて

長期入居化を促進しよう!!

というプロジェクトを準備中です。

興味ある方は今なら無料なので
ぜひ、ご参加ください。

ファミリー賃貸のFacebookグループで
https://www.facebook.com/groups/familychintai/

 

今回の記事を参考に、
あなたの不動産投資の
成功率を高めてくださいね。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!