ブログ

先日、空駐車場にお困りの会員さんから相談がありました。

最近は自動車離れが進んでいるといわれています。

 収入減少による自動車保有者数の減少
 格安レンタカーの登場
 駐車禁止の取り締まり強化
 自動車を所有することの価値の変化
 などなど

かくいう私も、
こうした仕事でなければ、
車は持たなかったと思います。

一定規模以上の賃貸マンションを建築した大家さんなら、
行政側から駐車場を作ることを強制された方も多いでしょう。

でも、この駐車場が埋まらずに困っている方も多いものです。

うちの管理物件は、
思い切ってバイク専用にしてうまくいっているのもあります。

でも、全部が全部、バイク置場にすればいいってもんではありません。

かとって、
従来の駐車場の募集方法では限界があります。

そんな中、私の母校、明海大学不動産学部の卒業生で、
月極駐車場どっとこむ、というサイトを運営している人がいます。

月極駐車場どっとこむ
http://www.monthly-p.com/

今はこうしたネットサービスがあるんですね。

大家さん自身が掲載できます。

掲載は無料です。

成約時に駐車場料の1ヶ月分の広告費といった、
一般的な募集方法となります。

実際の契約は、大家さん側で行うことも、
「月極駐車場どっとこむ」側の所定の書式で行うこともできます。

不動産仲介会社に頼りきっていては限界があります。

なぜなら、駐車場は数千円~数万円ですから、
不動産仲介会社が駐車場を紹介するのは、
アパートやマンションを借りる人がいたらの、
その【ついで】です。

仲介手数料は駐車場の月額料金程度にしかならないからです。

ですので、
駐車場単体の募集で、広告費や人件費を掛けることはありません。

現地に看板出して、のぼり立てるくらいです。

現地に来れる人には十分なのですが、
遠方から引っ越してくる人などには、
意味がありません。

不動産会社がこうした募集方法しかしてくれないのは、
残念ですが仕方ありません。

ですので、大家さん自身で出来ることはやるべきです。

特にネット広告です。

月極駐車場どっとこむ
http://www.monthly-p.com/

掲載は無料で成約時でも通常の広告費と同じですから、
やらない手はありません。

▼掲載は無料です。詳細・登録はこちらから。

月極駐車場どっとこむ
http://www.monthly-p.com/

追伸

ただ、入居者でない人が駐車場を利用すると、
税務上の扱いが変わりますので、
顧問税理士に確認しておいたほうが良いです。

もし顧問税理士が「え?」なんて反応なら、
不動産関連税制に疎い先生です。

小規模大家さんで確定申告程度でお世話にる程度なら良いですが、

 資産規模を拡大したい
 新築予定がある
 古貸家・貸宅地・古アパートの整理・土地有効利用を検討している

そんなときは、不動産税制に詳しい税理士と組んで、
税務シミュレーションもすることをオススメします。

▼税理士の紹介できます。詳細はこちら。
http://www.itabashi.ne.jp/zeirisi.html