ブログ

賃貸物件のペット対応について、いろいろ情報収集をすると、
いくつか「?」と思うことが出てきます。

「なんか、ちがうんだよなあ~」

と、違和感を感じます。

今回は、ペット対応物件ノウハウの違和感の原因についてお話します。

賃貸物件のペット対応について、いろいろ情報収集をすると、
いくつか「?」と思うことが出てきます。

「なんか、ちがうんだよなあ~」

と、違和感を感じます。

今回は、ペット対応物件ノウハウの違和感の原因の1つ目についてお話します。

 買える本は買って、
 絶版になっているのは図書館で探して、
 セミナーにも参加して、
 実際の物件も見学しに行って、
 ペットオーナーにも話を聞いて、

と、行動を繰り返した結果、
とあるペットの専門家に出会い、
彼と話をして、私の違和感が解消しました。

原因は

 1、ハウスメーカー・建設会社・コンサルタントの目的
 2、所有者と利用者が異なること
 3、ペットが大好きか普通か 

こんなところです。

1、ハウスメーカー・建設会社・コンサルタントの目的

これは当初から感じていました。

ハウスメーカー・建設会社・コンサルタントの目的は、
ズバリ、工事を受注することです。

コンサルタントはフィーを得ることです。
無料コンサルティングであっても、
建設会社などから紹介料が入りますので同じです。

すると、

 ●ペット対応賃貸マンションが少ないです!
 ●でも需要はこーーーんなにあります!
 ●なのでペット対応にすると高い家賃で長く満室になります!
 ●より良いサービスのためにもペット用の設備やサービスを導入しましょう!

という展開になります。

誤解のないように言いますが、これらはウソではありません。

確かに、新築分譲マンションはペット可が大部分ですが、
賃貸はまだまだ少ないです。

犬や猫の数は、17歳以下の人間の数より多いのです。

首都圏の新築分譲マンションの86.2%はペット可です。

募集中の賃貸物件で
ペット相談可となっている件数・割合は下記の通りです。

板橋区 1,472件 / 11,084件 = 13.2%
北区 787件 / 6,882件 = 11.4%
豊島区 1,320件 / 10,724件 = 12.3% 
練馬区 1,410件 / 14,197件 =  9.9%

春日部  301件 / 3,352件 =  8.9%
川口市  820件 / 8,243件 =  9.9%
川越市  269件 / 5,294件 =  5.0%
越谷市  300件 / 3,850件 =  7.7%
所沢市  446件 / 4,050件 =  11.0%

(Yahoo!不動産より)

ペット市場も拡大しています。

総務省の家計調査によると、
1世帯当たりの年間ペット支出は

 1990年 7,884円
 2004年 14,832円

とほぼ倍増。

そして、ペットビジネスの市場規模は

 1兆192億円

となっています。

供給と需要のバランスから、
ペット対応物件に、相場家賃の2割増も可能、

  5万円 →  6万円
  8万円 →  9.6万円
 10万円 → 12.0万円

というのは、成立することもあります。

しかし、ペット需要を狙った物件供給が増加して、
ペット対応物件が珍しくなくなると、
強気の家賃設定は難しくなります。

また、ペット専用設備はペットオーナーにしかメリットがありません。

家賃の高さは、

 ○いずれペットを飼いたい入居希望者
 ○ペットに興味のない入居希望者

から、敬遠されることになります。

こうした入居希望者をシャットアウトするのは、
もったいないとしか言いようがありません。

初期の設備投資が少なければ少ないだけ、
家賃設定が柔軟に対応できますので、
ペット市場・賃貸市場の変化についていきやすいです。

それでも設備投資するなら、
ペットオーナー以外の入居者にもメリットのある設備の
優先度を上げるべきです。

ほかにも、気になる点として、
賃貸経営は20年、30年と続けるビジネスだということです。

設備のメンテナンスコスト・交換や
バージョンアップするコストも必要になります。

また、ペットオーナーの求めることも
5年,10年単位で変化してくるでしょう。

こうした視点で設備をセレクトしたり、
修繕計画・収支計算も必要になります。

こうしたところまで考えた上で、

 ●ペット対応賃貸マンションが少ないです!
 ●でも需要はこーーーんなにあります!
 ●なのでペット対応にすると高い家賃で長く満室になります!
 ●より良いサービスのためにもペット用の設備やサービスを導入しましょう!

なら良いのです。

単に、新築工事を受注するだけだったり、
工事単価が高いことの正当化でないか、
という視点を持つと良いでしょう


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!