ブログ

大友不動産の新井です。

今日は飯田橋で協会の研修

大雨でカバンがやられました。

本日のトピックは「重要事項説明の総論」
テキスト
重要事項説明というと、宅建業法35条の印象が強かったのですが、該当がある場合は47条の規定の説明も必要だとのこと。ただし47条に関しては口頭で説明しても業法違反にはならないそうです。

ここで、「ほーっ」と思うのは不動産業者さんだけですね。(#⌒∇⌒#)ゞ

不動産売買の重要事項説明書には瑕疵担保や損害賠償の予定などが含まれるので、よーく理解しないと裁判沙汰になることもありえます。

業者としても説明責任が発生しますので、家でよく復習してみます。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!