ブログ

こんにちは。
賃貸経営コンサルティングマスターの大友哲哉です。

「実際に定期借家を利用できますか?」

と、ツッコミを頂くのは日常茶飯事。

使っている大家さん、不動産会社からすると、

「使っていますけど…」

と、これ以上、言葉が出ません。

売買仲介大手の【不動産会社の社員】も、定期借家契約で契約しました。
公務員も。NHKの人も。
それから家賃滞納者も普通借家から定期借家に切り替えています。

とはいうものの、馴染みの不動産会社に

「定期借家?そんなのダメダメ」

なんて対応されると、

「本当に使えるのだろうか? 無理して使うほどの効果はあるのだろうか?」

と不安になるのも無理はありません。

いままでのやり方で満室経営と不良入居者対策が取れているなら
いままでどおりでいいと思います。

そうでないなら、何か変えなければ、改善しませんよね。

その一つが、定期借家なのです。

どうもですね、

 入居者は、同じ条件なら、定期借家より普通借家のほうが良い

と思っていますよね。

逆なんです。

 入居者は、同じ条件なら、定期借家のほうが良い

と、思ってもらえる説明をするのです。

たとえば、あなたがアパートの住民だとして、
上や隣に変な隣人がいたとします。

管理会社や大家さんにクレーム入れたところで、
注意はしてくれますが、
立ち退きまで行う完璧な問題解決は大変です。

この間に迷惑を受け続けるのは、
ルールを守っている優良入居者のほうです。

ルールを守る側が不利益を受けて、
ルールを守らない側が利益を得るのです。

私は、この理不尽さに我慢できません。

でも、定期借家なら? 再契約しないで退去を迫れます。
ゴネる入居者には、無料で弁護士に相談できるところを案内します。
勝ち目がないことがすぐに分かってもらえます。

もし、馴染みの不動産会社さんが、
定期借家の本質が理解できないようなら、
これからますます変化していく中、
賃貸経営のパートナーとして、
もっとがんばってもらうように教育するか、
別のパートナーを探すのが良いかと思います。

ちなみに、スーパー大家さん(?)たちは、
管理会社を教育していると言います。
(教育した担当者が変わると激怒したくなります)


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!