ブログ

こんにちは。
賃貸経営コンサルティングマスターの大友哲哉です。

11/7(土)午後より、
早期満室・安定経営のためのノウハウセミナーを開催します。

▼詳細・お申込はコチラ。今すぐクリック!
http://www.ooyajuku.com/semminer091107/

ここまでやって、
それでも空室解消に向けた動きがないなら、
家賃設定の見直しですね…

第1部:ニューミックス満室経営-入居募集のブルーオーシャン戦略-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
講師 賃貸経営コンサルティングマスター 大友哲哉

テーマをカンタンにいうと、

「募集の間口を広げる」

です。空室対策の相談を受けて、
募集の間口を広げましょうと提案しても

「外国人はちょっと…」
「生活保護者はちょっと…」
「高齢者はちょっと…」

となります。

「もったいないなあ」と思うものの、
限られた電話相談の時間内で、
「心配しすぎ」なんだと説明する時間がとれません。

なにも、

 外国人専用アパートにしましょう!
 生活保護者専用アパートにしましょう!
 高齢者専用アパートにしましょう!

という話ではありません。

8割くらいの部屋は埋まってるでしょうから、
残りの2割りについて、
彼らのような入居者がいても良いのではないでしょうか。

たしかに彼ら独自のリスクはあります。
でも、そのリスクを回避・軽減・転嫁できる方法があって、
回避・軽減・転嫁するコストが入居者負担なら、
断るなんてもったいないですよね?

そんなお話です。

第2部:障がい者の入居需要と対応方法(仮称)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
講師 社会福祉法人にりん草 本部事務長 吉川真智子氏

つづいて第2部では、今まで語られることのなかった
障がい者の入居需要と対応方法です。

中心となるのは、いわゆるグループホームの話となります。

・障がい者の実態、賃貸住宅での注意点。
・○○には助成金がでないが、実は○○に助成金が出る。
・○○だと、その助成金は1/2だが、○○だと7/8の助成金が出る。

ちなみに、グループホームの近くのアパートやマンションの1室を、
グループホームの○○のような形で、
グループホームの制度の中に入れることもできる、
なんてお話もあります。

第3部:入居中のクレームの種類とその予防方法(仮)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
講師 住まいるレンジャーRELO24 岸上氏(仮)

主に、管理会社から一次対応受付業務を行っている同社より、
10万戸もの数の中から、どのような問い合わせが多いのか、

 前もって管理会社や大家さんからこんな案内があれば、
 大きな問題にならなかったのに…

という点について、予防方法をお話して頂きます。

特に、属性の良くない入居者から、
どんな問題が発生しやすいのかについては必見です。

ニューミックス満室経営-入居募集のブルーオーシャン戦略-

▼詳細・お申込はコチラ。今すぐクリック!
http://www.ooyajuku.com/semminer091107/

※10/31までのお申し込みには、早期割引制度があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

追伸

今、お問い合わせや応援のメールを多く頂いております。

ありがとうございます!

ただ、このメルマガに返信したり、
私個人のメールアドレスに送信されても、
稀にspam判定されて、こちらで確認しきれない場合があります。

そのため専用のフォームがありますので、ご利用下さい。
https://www.form-answer.com/applications/YRNTF


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!