ブログ

公社譲渡システム
http://www.funenkosya.or.jp/

財団法人首都圏不燃建築公社が事業主となって、
新築した後に地主に譲渡する方式です。

事業主が公社となるので、
建設会社が倒産しても、
公社側で対応することになります。

もちろん、打ち合わせはオーナーとも行いますので、
オーナーの意向も反映された建物になります。

10億単位くらいの規模であれば、
こうした方式を検討することがあるかもしれません。

●この記事は大家さん学びの会(R)SNSに1ヶ月前に公開されたものです。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!