ブログ

東京都水道局:直圧直結給水の適用範囲を拡大します!
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2007/01/20h1b200.htm

古いアパートやマンションの物件調査で水道局に行くと、
直圧直結に替えるようにすすめられます。
(東京に限りません)

確かにメンテナンスコストを考慮すると
直圧直結に替えるメリットはあります。

水をいったん受水槽に貯めて、
その後ポンプ等を使って、
屋上の高置水槽へくみ上げ、
自然流下により給水するタイプで、
受水槽が1階部分を占領している場合、
この占領部分がなくなりますので、
駐輪場やバイク置場、
自動販売機置場などに転用できる場合があります。

たまに
「なんでこんなエントランス横に受水槽があるんだろう?」
って物件があります。

これはラッキーです!

たいていは裏側や地下にあったりするので、
転用できる物件は稀かと思います。

築30年前後の物件は、
給水方式の変更を迫られる状況にあります。

●この記事は大家さん学びの会(R)SNSに1ヶ月前に公開されたものです。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!