ブログ

歴史70年周期説というのがあります。
いろいろな説明のしかたがあるので、
これが正しいとか、そうではない、
という議論ではなくて、

「そういうのがあるんだー、じゃあそのころの大家さんってどういう状況なのかな?」

という視点をお持ちいただければよろしいかなと。

戦時住宅政策の確立と住宅市場の変容
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/eco/paper/images/60_3_11.pdf

歴史70年周期説を参考にすると、
いま、私たちもこうした激動の年にいる(かもしれない)、
これまでの経験や知識だけにとらわれずに
考えて決断しないといけない、
と学びになればと思います。

注)私が書いたものではありませんし、
筆者との面識も何もありません。

更新料や礼金は戦中戦後にできた慣習と学び、
その裏を取るために情報を収集していたところ、
個人的に非常に面白いものが見つかりましたので、
情報共有したいと思いました。

まだ読み込んでいないので、
ツッコミあっても対応できないため、
マイフレンド公開としています。

●この記事は大家さん学びの会(R)SNSに1ヶ月前に公開されたものです。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!