ブログ

とある弁護士から、法律で禁じられている普通借家から定期借家への切替事例を聞きました。

平成12年3月より前の普通借家契約は、借主の合意を得たとしても、
定期借家契約への切替は禁じられています。

ところが、とある弁護士は、この切替をした事例がある、
しかも借主には法律で禁じられていることを説明しているとか。

実態としては、立退料の前払いなので、
後で裁判で争われても問題ないとの判断のようです。

建て替え予定の物件で、家賃を下げての契約。
この家賃値下分が立退料の前払いと同じ性質。

貸主側にとっては、
何も取り決めのない不明確な立退料の金額で後でもめるよりも、
家賃を下げて、契約満了と共に退去してもらうほうが、
立退料を確定できるのでメリットがあります。

裁判で争われたら、恐らく定期借家への切替は無効となるでしょう。
しかし、家賃値下分は立退料の前払いの性質があり、
さらに利息も考えると、
追加の立退料は不要か少額になると予想されます。

法律違反を推奨するものではありませんが、
建て替えの予定がある地主さんは一考の価値があるかもしれません。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!