ブログ

【7級】悪臭のこもらない工夫をする(シェア歓迎)

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の【7級】は、「悪臭のこもらない工夫をする」ことです(笑)。ちなみに、私が主宰する東京大家塾に6ヶ月以上在籍している会員さんの空室率はわずか0.9%。東京23区の空室ですら16.3%ですから、みなさん驚異的な数字を叩き出しています。

7級のねらいは、文字通り、悪臭撲滅です。この工夫をしないと、どうなるのか。内見のときに玄関のドアを開けると、下水から上がってくる悪臭で第一印象が悪くなります。お客様の中には「この部屋に住むとずっと臭いのでは?」と勘違いする方もいることでしょう。

悪臭のこもらない工夫は、いくつか方法があります。週に一度は窓を開けて空気を入れ替えて、キッチン・洗面・トイレの水を流して…とやれればいいのですが、毎週現地に行くのは、なかなか大変です。そこでストレッチフィルムで封をしてしまう方法を推奨しています。なお、サランラップ等でも代用できますが、ストレッチフィルムの方が綺麗に張り付きます。

え? 空気の入れ替えや水を流すようなことは、管理会社がやってくれている”だろう”ですって? いや~空室が何十件、何百件あると、その作業まで手が回らないのが実態ではないでしょうか。一度、抜き打ちで空室チェックしに行くと実態がわかりますよ…。

ちなみに管理会社を怒ったところで、他の管理会社も似たようなものですから、怒るだけムダ! です。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1592459770801840&set=a.206921746022323.45493.100001134986020&type=3