ブログ
住宅と消費税の関係

マンガでわかる住宅関連税制とすまい給付金より

消費税がかからない取引があります。

身近なところでは、住宅の家賃、
マイホームの売却(身近?)、
切手や預金の利息もそうです。

ほかにも免税店って
聞いたことあるでしょうし、
立て替えて支払った代金を
受け取るときにも
消費税をかけません。

 

消費税がかからないのは同じだけど、
実は3種類あります。

  1. 非課税
  2. 不課税
  3. 免税

これを機に整理してみましょう。

 

「それは非課税ではなく不課税では?( ̄∇ ̄)v ドヤッ!」

なんて言えるとカッコイイ(ウザイ?)ですよね!

 

1.非課税(本当は課税なんだけど特別に無しね)

本来は課税するものですが、
なじまないものや
社会政策的配慮から
法令に基づいて非課税になている取引。

具体例

  • 土地の売却代金・地代
  • 住宅の家賃
  • 株式など有価証券の売却
  • 借金や預金の利息
  • 切手・印紙・商品券
  • 出産費用・埋葬料・火葬料
  • 法令に基づく国、地方公共団体等の手数料
  • 社会保険診療

 

2.不課税(消費じゃないから課税しないよ)

課税の条件が、国内で事業者が事業として
対価を得て行う資産の譲渡等と輸入取引です。

これに該当しないもの、
つまり国外で行われる取引、
寄付や贈与など対価を得ない取引が
不課税(課税の枠組みの外)となります。

具体例

  • 給与やボーナス
  • 冠婚葬祭の祝い金、見舞金、ご祝儀、香典
  • 資産の無償貸付
  • 損害賠償金、交通事故の示談金
  • 贈与や寄付金
  • 税金
  • 受取保険金

 

3.免税(ホントは課税だけど特別に税率0%ね)

非課税との違いは、譲渡する商品やサービスの仕入れ分も、
対象になることです。

具体例

  • 輸出
  • 外国の事業者等に対するサービス

ちなみに、免税店とは、
出国手続きの終了後の空港内で
入国手続き終了後までの間なら、
税法上はどこの国にも属さないので、
各種税金が課税されずに
商品を安く買えるお店のこと。

 

まとめ:不動産関係でのポイントは次の通り

  • 住宅の家賃は非課税(事務所・店舗は課税)
  • 土地の賃料(地代)は非課税
  • 駐車場の料金は課税
  • 土地の売却は非課税
  • 個人住宅の売買は非課税
  • 売主が不動産会社の不動産の売買は課税
  • 敷金は非課税
  • 礼金は住居用なら非課税(事務所・店舗は課税)