ブログ

今回は、自主管理のしくみをアレンジした、
3つの事例を紹介します。

比較しやすいように、
項目を統一してみました。

 

そもそも自主管理の定義って何?
と考えながらご覧下さい。

  • 自分で掃除すること?
  • 自分で家賃督促をすること?
  • 入居者からの問い合わせを自分で対応すること?

 

 

1、東京-茨城間の遠隔地物件でも自主管理した事例

募集:一般募集
集金:家賃滞納保証会社の集金代行サービス
督促:同上
保険:保険代理店
清掃:シルバー人材センター
修繕:地元の修繕会社
退去立会:その入居者さんを仲介した不動産会社
原状回復:同上
更新業務:同上
入居者問合せ:自分の携帯電話

 

2、自宅前の隣地物件を自主管理した事例(東京)

募集:専任募集
集金:家賃滞納保証会社の集金代行サービス
督促:同上
保険:入居者さんを仲介した不動産会社
清掃:自分
修繕:地元の修繕会社
退去立会:その入居者さんを仲介した不動産会社
原状回復:同上
更新業務:同上
入居者問合せ:自分の携帯電話

 

3、賃貸併用物件を自主管理した事例(東京)

募集:専任募集
集金:家賃滞納保証会社の集金代行サービス&団体損害保険
督促:同上
保険:同上
清掃:家族
修繕:地元の修繕会社
退去立会:リフォーム会社
原状回復:同上
更新業務:専任募集の不動産会社
入居者問合せ:専任募集の不動産会社

 

いかがでしょうか。

自主管理の定義って何でしょう?

 

私の考えは、

一社に丸投げしない管理方法

です。

 

たしかに、入居募集もその後の運営も、
一社に丸投げするとチョー楽チン♪です。

しかし、空室拡大の今では、
それで満室安定経営は実現できません。

なぜなら、
入居募集業務も、
その後の運営業務も、
多くの問題を抱えています。

その問題解決に求められる時間と労力と、
ノウハウは、年々、高いレベルを、
求められています。

それを1社で賄えるのでしょうか?

私は、それぞれの分野の専門家に、
得意な業務をやってもらい、
それを大家さんがたばねること。 

これが満室安定経営を実現する、
本来のカタチだと考えます。

 

事実、コンサルティングから始まり、
不動産管理会社をスタートした会社は、
空室対策を中心業務として、
それ意外はアウトソーシングしています。

別の言い方をすると、
管理会社に丸投げしたところで、
管理会社は別会社に
アウトソーシングしているのです。

だったら、大家さん自ら、
各企業にアウトソーシングすれば、
余計な経費を省けますよね。

 

つまり、自主管理は、
経費を削減しつつも、
各専門家の能力を最大化し、
満室安定経営を実現する
理想な形態なのです。

 

といっても、いきなりは難しいですよね。

ですので、私の会社で使っている、
アウトソーシング先を使うことを
入り口とすることで、
徐々に理想的なカタチにしていきましょう。

 

自主管理サポートサービス(仮称)、
正式発表まで、今しばらくお待ちくださいね。

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!