ブログ
直接やりとりしなくても自主管理

直接やりとりしなくても自主管理

自主管理サポートサービス(仮称)
鋭意、構築中です。

今回は、自主管理について、
良くある質問とその答えを
お伝えします。

第3弾は、こちら!

大家が入居者と直接やり取りしないほうがいいのでは?

 

確かに、当事者である、
大家さんと入居者さんが
直接やりとりする自主管理は、
入居者さんが微妙に気まずい思いをする、
そんな意見があります。

そもそも外向的でない大家さんは、
入居者さんと直接のコミュニケーションに
抵抗もあることでしょう。

 

そうすると、もし、自主管理でも、

  • 自分で入居者からの電話に出なくていい(専門のコールセンターを利用)
  • 緊急対応はコールセンターから専門会社が対応してくれる
  • 退去連絡から退去立会いも専門会社が対応してくれる
  • 集金はもちろん督促業務も専門会社が対応してくれる
  • 報告・相談はメールで届く

こうした状態になっていたら、
入居者さんと直接やり取りすることは、
極めて稀となります。

稀というのは、よほどの想定外のとき。

このときは、むしろ、大家さんが、
最高経営責任者として直接話すほうが、
よほど話がスムーズにまとまります。

もちろん、不安もあるでしょう。
そんな時は、私とはいいませんが(?)、
専門家に相談しつつ、
入居者さんと話合うのがいいですよね。

 

自主管理サポートサービス(仮称)では、
各業務の専門会社で専用の満室チームを作ったり、
賃貸経営の相談ができたりするサービスです。

正式発表まで、もう少々お待ち下さいね!


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!