ブログ
婚外子家族のイメージ

家族のイメージ

2013年9月4日、最高裁は婚外子の相続分を、
婚内子の半分とする民法900条の規定が、
憲法違反と決定しました。

大まかな理由次の通り。

  • 日本の婚姻家族の形態が多様化
  • 欧米諸国はどこも平等
  • 国連委員会から勧告を受けている
  • 家族という共同体の中の個人の尊重
  • 子は親の婚姻関係を選択できない・修正できない

民法900条4号

子、直系尊属(親)又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。
ただし、嫡出でない子(婚外子)の相続分は、嫡出である子(婚内子)の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

不動産業界的には、
相続分規定のルールが変わる。

その程度の認識かもしれません。

しかし、家族の常識を
ひっくり返す決定です。

ワーク・ライフバランスを
テーマにする私としては、
とても興味深いトピックです。

まだ自分自身でも
消化しきれていません。

少しずつ、トピックを
まとめていきたいと思います。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!