ブログ

【巧久より拙速】

出来が良くて遅いより、出来が悪くても早いほうがいい。子どもには本の例のように、早く謝るのがいいよと。

仕事的にも、早い段階で、こんな感じですがどうですか? って確認すること大事ですよね。