ブログ

 

自主管理は全国対応できる

自主管理は全国対応できる

満室にならないのは、
管理会社が悪いから。

人のせいにする思考回路は
改めたほうがいいのですが、
管理会社が満室経営のボトルネック、
そんなケースは珍しくはありません。

そこで私は、

プロ顔負け!自主管理これだけサービス

を作り上げました。

先週まで、既に自主管理の大家さん限定で、
無料個別相談を受け付けていました。

管理委託から切り替えたい大家さん、
もう少し待っててくださいね。

さて、一つ質問がありました。

大友さんの自主管理サポートサービスって、
物件の場所は東京だけですか?

いいえ。

全国どこでも対応できます。

FAQその1ともかぶりますが、
自主管理は、
大家さんが海外旅行していても、
できます。

ですので、それをサポートするサービスも、
大家さんの住所も関係なく、
物件の住所も関係なく(でも国内ね)、
サービスを提供できます。

なぜなら、当社のスタッフは、
原則として、現地対応はしませんし、
入居者と直接やりとりもしないからです。

現地対応が必要なことは、
現地の会社とチームを作ります。

そうした仕組みを提供するサービスなので、
大家さんの住所も、
物件の住所も関係ないのです。

また、自主管理だからといって、
大家さんと入居者が、
対面のコミュニケーションが
必要でもないのです。

 

私の考えは、

自主管理だから満室戦略は実現する! 

です。

また、私が提案する自主管理は、
満室戦略とセットで、
その効果が倍増します。

例えば、

  1. 特定の入居者層に絞り込むことで、より特長のある物件にしていく。
  2. 入居したお客様に「入居の決め手」を聞き、更に強める。
  3. 退去するお客様に「今だから言える不満」を聞き、改善する。
  4. 早期更新(再契約)キャンペーンを実施して長期入居化する。
  5. 客付力に定評のある不動産会社に直接依頼する。
  6. 仲介会社からの問い合わせ電話をカウントして募集条件を見直す。
  7. 内覧後にお客様の反応をヒアリングして募集条件を見直す。

こうした満室戦略に基づいた行動は、
自主管理大家さんだからできるのです。

*管理会社にこのレベルを期待してはいけません。

こうして物件の弱点を補い、
物件の特長がより強くなる…

そんな物件づくりを続けることで、
ドンドン入居者を引き寄せる
物件となっていくのです。

こんな物件を仲介会社の営業マンが、
放っておくことはありません!
よね?

もはや、手当たり次第の
その場しのぎの空室対策では、
時間とお金と労力を
消耗するだけなのです。

 

とはいっても、
それなりの労力は必要です。

ただ、自主管理といっても、

  • 自分で入居者からの電話に出なくていい(専門のコールセンターを利用)
  • 緊急対応はコールセンターから専門会社が対応してくれる
  • 退去連絡から退去立会いも専門会社が対応してくれる
  • 集金はもちろん督促業務も専門会社が対応してくれる
  • 報告・相談はメールで届く

こうした状態になれば、
たいした労力は必要ありません。

 

もし、今の管理会社が、
上記のような戦略的に動かないのに、
毎月管理料を払っていることに
ヤキモキするくらいなら、
いっそのこと自主管理にして
満室戦略を考え実行するほうが、
よほど楽しくて、
やりがいもあって、
満室安定経営につながるのでは
ありませんか?

 

プロ顔負け!自主管理これだけサービス
では、そんな満室安定経営のしくみを、
あなたにご提供します。

受付再開まで、もう少々お待ち下さいね!

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!