ブログ

【各部屋の火災警報器の電池、大丈夫?】

住宅の火災警報器が義務化されて約10年。あのころ設置した火災警報器の電池、大丈夫でしょうか?

たしかに、電池が切れるとアラームがなったりランプが光ったりと、気づくようになっています。しかし、新しく引っ越してきた賃貸住宅で、数日したら火災警報器から電池交換が必要ってなると、ちょっと残念なことになりますよね。

ファミリー賃貸なら、そこに住む子どもの命にも関わること。退去後の原状回復工事のときに、火災警報器の電池の交換、しておきたいものですね。

へ~と思ったら、いいね!やシェアしていただけると嬉しいです!



大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!
The following two tabs change content below.

大友 哲哉

東京大家塾主宰大友不動産有限会社
はじめてセミナーを受講される方の割引受講のご案内はコチラ(定価10,000円→税別5,000円)※期間限定割引キャンペーン中