ブログ

新築アパートやマンション、
リノベーションでも、
女性向けを意識する、
とよく言われます。

この考えは賃貸経営だけではなく、
新商品や新サービスの開発でも、
よく言われています。

ですので、素人大家さんでも、
女性目線でー
女性視点でー
と言います。

こうした相談を受けると、
いつも可笑しくなるのが、

その女性は何歳ですか?

の質問に答えられないこと。

20歳でも60歳でも
女性は女性。

ですが、住まいに求める条件は、
異なりますよね。

そして、同じ年齢でも、
ヘアスタイルや
肉食系か草食系か
事務職か営業職か
彼氏の有無などでも、
住まいに求める条件は、
異なりますよね。

さらに、この住んで欲しい人の
意見を聞かずに、
おっさんの集まりで
女性向けの住まいを決めるのが
可笑しすぎる。

施主、おっさん。
建築士、おっさん。
建設会社の営業、おっさん。
不動産管理会社、おっさん。

それで女性向けの住まいをつくる?
可笑しすぎます。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!