ブログ
東京遠景

東京遠景

真のワーク・ライフバランスを実現する
不動産投資戦略マスター
大友哲哉です。

2013年は、アベノミクスだけでなく、
2020年の東京オリンピック開催で、

資産インフレが加速する!

との見方が強まりました。

その実態を見てみましょう。

中古マンション価格指数(2005年1月=100)に見ると、

東京都23区2013年11月は 129.1 で
一年前の2012年11月と比べると、
+7.23%の上昇です。

この指数は、カンタンにいうと、
日経平均のようなもの。

不動産はいろいろありますが、
企業だっていろいろあるのに、
日経平均で全体の流れをつかみますよね。

それと同じです。

ちなみに、

都下 +1.87%
神奈川+3.00%
埼 玉+3.45%
千 葉+3.83%

なので、やはり23区の上昇率は、
周囲のエリアよりも、
大きなものになっています。

IPD/リクルート住宅指数より

 

この流れから何を学びますか?

  • 値上がりするならマイホームを買おう
  • 値上がりするなら不動産投資をしよう

と考えた方。間違いとはいいませんが、

  • 値上がりしたものは値下がりする

ことも考えましょう。

また、

  • 不良資産(古アパート・古貸家・貸宅地)を整理・売却しよう
  • もう使わない不動産を売却しよう

と、考えるのはいいですね。

あなたのご両親を含めた一家の不動産、
全体の資産としてどのように活用するのが、
一家の幸せになるのか?

この戦略のつくり方・考え方を知りたい方は、
私のメルマガに登録してくださいね。
http://www.ooyajuku.com/melmaga/

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!