ブログ
8/20は大友不動産の創立記念日。
特別企画を準備中です。お楽しみに!
+++++++++++++++++

こんにちは!

新人大家さんのための
不動産投資戦略マスター
大友哲哉です。

今の時期、子どもたちをつれて、
実家に帰っている人も多いでしょう。

私は時期をずらして妻と子どもと、
帰省して遊びまくって、
私だけ先に帰ってきました。

さて、今の時期、妻や両親たちと、
話をしておきたいことがあります。

それは、

37歳会社員、
子ども2人の教育費を準備できるのか?

ってこと。

教育費イメージ

現実的には難しいでしょう。

なぜなら、収入が増えず、
支出が増える一方だから。

子ども二人を大学進学させるためには、
35歳から39歳の平均年収
498万円では足りないのです。

もっと収入を増やすか、
住居費などの大きな固定費を、
思い切って削減するしかありません。

ですが、この年齢、多くの人が、
マイホームを持っているので、
もっとも大きな固定費である
住居費を削減できません。

あなたも、うすうす気づいていますよね。
でも、親や妻には相談しづらい。

では、どうするか?

まずは現状把握。

夫婦でライフプランニングをすることです。
そして家計のキャッシュフロー表を作世靴泙后

将来のお金が足りるのか、足りないのか、
グラフで見てわかるようになります。

そして妻や両親とも共有します。

これ、結構メンドウです。だから、
自分でやることはありません。

依頼するなら、有料でも独立系の
ファイナンシャルプランナーがベスト。

両親にも費用を負担をして、
老後資金のシミュレーションサービスを
プレゼントするのもいいものです。

ちなみに外資系生命保険会社も、
類似のサービスを無料でやってくれます。

生命保険の見直しを兼ねて、
依頼するのもいいでしょう。

ただし、信頼できる人に限ります。

そうして、まずは、
ムダな支出は減らしましょう。

次に、収入を増やしましょう。

ただ、子どもが小さいなうちは、
奥様が無理に働きに出たくないかも
しれません。

それならば、

今、お持ちのマイホームや、
両親の持ち家だったり、

放置されている家や土地があれば、
そこから副収入をつくってみましょう。

え? 自宅も実家も人が住んでるから、
それを貸して家賃収入にするのは無理?

いいえ。

そういう話ではないのです。

副収入をつくる方法36通りの中には、
親が住んでいても、マンションでも、
田舎でも大丈夫なものがあります。

詳細はこちらです。

家の貸し方

不動産会社がゼッタイ教えない!
安全・カンタン・儲かる家の貸し方
http://www.ooyajuku.com/ienokasikata/

あなたもすでにある家や土地から、
副収入をつくってみましょう!

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!