ブログ

スクリーンショット 2014-08-15 16.04.00

アパートやマンションの名前を決めるときに、
みなさん、けっこうテキトウですよね。

  • ハイツ○○
  • ○○ヒルズ
  • ○○荘
  • ○○コーポ
  • メゾン○○

ダメとはいいませんが、
数千万円〜数億円の商品なのに、

もったいないな

そう、思うわけです。

ネーミングのプロに依頼するコストくらい
建設会社だか
不動産会社だか
もちろんオーナー自らでも、
捻出すればいいのに。

ってことで、私の場合は、こうしています。

  1. 物件のコンセプトや地域性などから、キーワードを書き出します。
  2. それらを外国語に変換します。
  3. 変換したキーワードを組み合わせます。
  4. 全体の文字数や、画数で、微調整して候補をリストアップします。
  5. 入居してほしい人に近い人たちに、アンケートを取ります。
  6. 最終的にオーナーが決定します。
  7. 行政に手続きします。

事例

  • ジュピターレガーロ光が丘
  • クレアトゥール清瀬
  • リーテンリュカ西新井

カンタンでしょ?

ポイントは、5番です。

若い人に住んでほしいのなら、
若い人の意見を取り入れないといけません。

そして、これらを実行するのに必要な経費は?

数千円程度です。
5番のアンケートのお礼くらいですから。

ね?

数千万円〜数億円の商品なのに、
たったこれっぽっちの経費をケチる
意味がわからないでしょ?

ちなみに、既存の物件でも、
途中から、建物名を変更することもできます。

もちろん、入居者さんや、
行政側との手続きや配慮が
必要になりますけれどね。

あなたも素敵な名前を
アパートやマンションに
つけてみてはいかがでしょうか?

追伸

詳しいやりかたなどは、
私が主宰している、

わらしべ不動産投資Project

で、お伝えして、
実行サポートをしています。

わらしべ不動産投資Projectのことは、
私が主催している別のセミナーなどで
直接、お尋ねください。

というのも、わらしべ不動産投資Projectは、
だれでも参加してほしいとは、
考えていないからなのです。

どうぞ、ご容赦ください。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!