ブログ

週刊住宅新聞1/20号に、私のコメント「これからの空室対策の考え方」が掲載されました。ちょっとニュアンスが異なるので、ブログで補足しました。

もうね、「差別化」なんていってる場合ではないのですよ。
「適正な家賃で快適な住まいを提供する」だなんて「あ・た・り・ま・え」の時代なのです。では、どうするか? その世界を発信するのが、僕の役割だと考えています。
http://www.ooyajuku.com/?p=3241&fbp


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!