ブログ

新人大家さんのための
不動産投資戦略マスター
大友哲哉です。

メルマガ読者さんから、

不動産ってムズカシイですよね?
学生時代から勉強してきた大友さんだら
カンタンいろいろできるのですよね!

なんていうメッセージをいただきました。

私のことをホメてくれたのでしょうが、
(ありがとうございます!)

ちょっと違うのだよな、と思うのです。

不動産がムズカシイのはナゼ?

不動産はムズカシイと良く言われます。

いろいろ理由はあります。

その一つが、

いろいろな分野がまたがること。

おおざっぱにいうと

  • 法律
  • 建築
  • 融資
  • 税務
  • 経済

ってところでしょうか。

たしかに、これらの分野を100%学ぶのは、
ムズカシイ話になります。

私にもムズカシイです。

ですが、その必要はありません。

その分野の専門家と協力できればいいのですから。

本当に必要なのは、その分野の20%くらいでしょう。

そのポイントを知り、
あとは専門家にお願いすればいいのです。

ただ、その専門家に丸投げはいけません。

あなたの勤めている会社もそうですよね?

部長が部員のシゴトの全ては知りませんし、
知るつもりもないでしょう。

部長のシゴトは、
その部門の目標を達成するのが目的です。

そして、その目標を達成するのに
必要なシゴトを部員たちが、
限られた時間とコストで進めることを
フォローすることです。

想定外の問題がおきればフォローする。
もっとやりやすいように業務のしくみを変える。
などなど。

重要なのは、部門の目標を、部員に周知徹底させること。
方向・指針・ビジョンを示すこと。

方向性を示さず部員に丸投げで、
部門の目標達成なんて到底できません。

不動産と上手に付き合うのも同じです。

各分野の専門家に、方向性を示すことです。

あとは、限られた時間とコストの中で、
最大限の結果を出してもらえるよう
フォローすることです。

想定外のトラブルがあればフォローします。
ほかの部門との調整も必要かもしれません。

各分野の知識を学のは20%でいいのです。

あとは各分野の専門家と
コミュニケーションを取る方法を学ぶこと。

これであなたも、
不動産のことがわかるようになります。

たった10%だけでもコントロールできたら…

もとの金額が大きなことですから、
大きな効果を手に入れられるでしょう。

もし、10%安く買えたら?
もし、10%高く売れたら?

もし、10%安く借りられたら?
もし、10%高く貸せたら?

もし、10%安く建築できたら?
もし、10%安くリフォームできたら?

不動産が超カンタンになる条件、それは100%学ぼうとしないこと。

あなたも不動産のことを
少しずつわかるようになりませんか?

その第一歩が、こちらです。

不動産会社がゼッタイ教えない!
安全・カンタン・儲かる家の貸し方
http://www.ooyajuku.com/ienokasikata/


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!