ブログ

【荷物があっても古くても借り手はいる】

貸す側の『仏壇があるから』『お盆に使いたいから』『荷物が多いから』などで貸せないというのは思い込み。http://bit.ly/ZmJEow

そう。借りる・借りない借りる側の判断。

貸す側は「貸したい」意思を発信しよう!

問題は、不動産会社が乗り気にならないこと。

でも、大丈夫。

今ならヤフオクにも登録できるのだから。

こうした時代に本当に必要なのは、いい不動産屋を探すことではなく、不動産をどのように扱うことが家族にとってベストなのか答えを導き出すための「考え方を学ぶこと」、私はそう確信しています。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!