ブログ

昨日は、東京大家塾(大家さん・地主さん・不動産投資家向けの月1の勉強会)でした。
今回もななころさんの不動産投資予備校と合同開催でした。

今月は、私の門下生たちが、
単なる貸家業ではなく、
新しいタイプの貸し方の事例発表をしました。

例えば、わずか5m2で月9万円だったり、
入居者さんと子どもが、
英語でカードゲームを遊んだり、
つまり家賃をもらいながら
子どもに英語を教えてもらったり。

昔ながらの貸家業をやっている方には、
きっと意味がわからないでしょう。

逆に、これから貸家業をやる、
例えば、ご両親やご祖父母の持つ
家や土地をこれからどうしようか?

そんな方には、必ず、参考になる、
活用方法として実績を上げつつあります。

 

さて、こうした頭の使い方をするために、
要するに、業界の常識から脱却するのに、

まず、イスの上に立つことからスタート(笑)。

常識に縛られない

これは、不動産投資予備校のななころさんが、
いつも頭の柔軟体操として、
毎回、アレコレと取り入れている方法の
一つのようです。

専門性を深める研究はもちろん大切ですが、
それ以上に、柔軟な発想ができるように、

脳のストレッチも大切ですね。

 

12月以降の予定は、以下の通りです。

  • 12月20日(土)会員限定の実践報告会&豪華忘年会
  • 1月31日(土)ぶっ飛び年間計画(仮称)
  • 2月22日(日)入居募集のためのカラー講座、アロマ講座
  • 3月28日(土)後藤専さん講演

大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!