ブログ

新人大家さんのための
不動産投資戦略マスター
大友哲哉です。

今日は、私の門下生の家の貸し方の事例を紹介します。

家の貸し方

「これまでの不動産屋さんからは全く聞いたことのない貸し方を教わりました。」

岩原 研 さん(墨田区・30歳・会社員)は、
自宅(マンション)を所有していて一人で住んでいます。

家賃を払うより買ったほうが得、
そう思っていたそうですが、
ちょっと違うかな、
と思って私のセミナーを受講。

今は私の門下生となり、
コミュニティーと不動産ビジネスを
融合するべく研究と試行錯誤を繰り返しています。

いずれ成功事例をみなさんと
シェアできることでしょう。

その過程にある現段階でも、
自分が住んでいる自宅マンションから
不動産収入をつくりだしています。

具体的にな方法はココでは割愛しますが、
自分が住んでいるマンションで
不動産収入をつくれるのです。

そうして大家さんとしての練習をしながら
お金をきちんと受け取ります。

そのお金は浪費することなく、
つぎの段階の軍資金になります。

 

もし、あながも、自宅マンションを持っているなら、
岩原さんのように、
そのマンションから不動産収入をつくりつつ、

つぎの収入を生み出す不動産ビジネスを
立ち上げる準備をすることもできます。

その第一歩は、

不動産会社がゼッタイ教えない!
安全・カンタン・儲かる家の貸し方
http://www.ooyajuku.com/ienokasikata/

を受講すること。

今月で終了します。

第41回|11/20(木)午後7:30-9:30(池袋会場)残1席
第42回|11/24(月)午後2:00-5:00(成増会場)残4席
第43回|11/29(土)午後2:00-5:00(成増会場)残5席

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!