ブログ

こうした情報から逆算して、募集チラシや物件パンフレット、物件ホームページ、現地の物件説明書などを作成すると、成約率が高められるでしょう。(→コメントは大友作成)

第一位 敷金・礼金など初期費用がどのくらいかかるのか確認する

→たとえば15日入居の場合の費用の試算を先に出しておく。

第二位 相場に比べ安価すぎると感じた物件は、理由をたずねる

→築年数、設備の状況などからこの家賃にしたとコメントを入れておく。

第三位 騒音の程度を確認する

→平日夜間、土日昼間、土日夜間などの騒音の程度のコメントを入れておく。たとえば「幹線道路が近いので平日昼間は多少の騒音があります。土日は交通量が減るので比較的静かです。ただ、音の感じ方は個人差があるので、ご自分の耳で確かめてからご契約をお願いします。」など。

引用元: もう失敗したくない! 賃貸物件を賢く選ぶコツランキング – 住まいランキング – goo ランキング.