ブログ

引越一括見積もりサービスの終焉

来月引っ越します。

そこで妻から「引越代の相場ってわかんないよね」といわれました。
多くの人がそう思いますよね。
ですが、私の考えは「相場なんて関係ない」なのです。

とはいっても、今はネットの時代です。
相場なんて調べればわかります。
某引越情報ページを見ると

4人家族で約13万円とあります。
うちは子供が小さいので
2人家族相当だとしても、約8万円。

ハ? ナニイッテンノ?

これが私の率直な感想です。

ここで学んでほしいのは、事業者側視点で考えること。

今回のような仕事の経費の大半は人件費です。

ましてや、今回、大友家の引っ越しは、
同じマンション内の移動(1階から2階)です(笑)。

ですのでトラックは使いません。
移動時間もありません。

ちなみに一括見積もりサービスのメールで
6万円ってのがあります。

相場8万円からトラック代を引くと
この金額もボッタクリとはいえません。

引き続き事業者視点で考えます。

今回のような引越なら、
地元に営業所のある会社は、
朝一の仕事や、その仕事が終わって帰ってくるときに、
ついでにやればいいと考えるでしょう。

次に人件費。ベテランとアルバイトの2名体制か。

それぞれの時給を想定。
さらに会社の経費や利益を考えて3倍にします。

実際の作業時間は1時間あれば終わると思うけど、
これも3倍します。


あなたも普段の仕事で
1時間で終わると思った業務が、
いろいろあって2倍から3倍くらい掛かった、
そんな経験は大いにありますよね?

とすると、今回の引越費用は
2万円もしないと思うのです。

特に地元のいい意味での
小さな会社ならいけるはず。

そこまで繁忙期でもないですし。

あとは、不用品の処分とか、
洗濯機の接続とかエアコンうんぬんとか、
おまけしてもらって3万円以内。

こういう単純労働の仕事は、
そのサービスの相場うんぬんではなく、

人件費からの逆算で予算を考えると、
業界につくられた相場に踊らされることなく、
本当の費用が導き出せるのではないでしょうか。

ちなみに、単純に複数社の見積もりを比較して、
競争させてどんどん値引きさせるスタイルは、
私は、どうにも苦手です。

今回の私のスタイルは、

必要な経費や価値に対してだけ対価を払う

だけです。

*もちろん商品やサービスの種類によっていろいろな見積もり方法や交渉方法はあります。

さて、結局いくらで契約するのか?

その答えは、私のメールマガジンでお知らせします(笑)。
http://www.ooyajuku.com/mgfb


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!