ブログ

【POOR DOOR or RICH DOOR】

ニューヨークの33階建ての高級マンション。低所得者用住戸部分を完全分離に露骨な差別だと問題視されているとのこと。ジムなどの施設もPOOR DOORからは物理的につながっていないそうで徹底されています。

なぜ、一つの建物にあるのかというと、低所得者向けの住宅を作ることで、より大きな建物を作れるようになる(=賃料収入の増加)、低い金利で融資が受けられるようになる(手取りが増える)から。こうした住宅政策は日本でもよくあります。

助成金を受けるために、無理やり計画すると、どこか歪むのってありますよね。私の過去の1万件を超える相談事例から、失敗原因を整理すると、ケチから始めた不動産ビジネスはうまくいきません。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!