ブログ

新人大家さんのための
不動産投資戦略マスター
大友哲哉です。

今日の個別コンサルティングの中で、
空き家が話題になりました。

私の家の周りにも空き家や空き地がいくつかあって、
貸すわけでも何をするのでもなく、すごいもったいないと思うんですよね…

さすが私の門下生です。

空き家や空き地など、
十分に活用されていない不動産を見ると
気になって仕方がない!(笑)

ちょうど、そんな、
不動産を十分に活用しない人の
アンケート結果がありますので、
ご紹介します。

価値総合研究所・消費者(空き家所有者、空き家利用意向者)アンケートより

価値総合研究所・消費者(空き家所有者、空き家利用意向者)アンケートより

第1位は、一度貸すと返してもらうのが大変だと思うから。

オーマイゴッド!

なんという古典!

例えるなら量子力学の時代に、
古典物理学しか知らないようなもの。(?)

つまり”軒を貸して母屋を取られる”なんて古典不動産学(?)なのです。

実は、平成12年に定期借家制度というものがスタートしました。
これは、期間満了と共に家を明け渡してもらえる制度なのです。

立退料だとか面倒な問題になりません。

ですので、例えば、
いずれ自分で使う可能性があるなら、

この定期借家契約という方法で貸せばいいのです。

ちなみに、賃貸期間に制限はありません。

2年に限りません。

1年でも。5年でも。10年でも。
半年だっていいのです。

その期間が来ても、お互いに、
貸したい・借りたいのなら、
もう一度契約すればいいのです。

空いている家があれば、
ぜひ、貸し出してみましょう。

きっと固定資産税や草取りの
経費や手間以上の収入になるでしょう。

そうそう。

借りる人がいるのかいないのかは、
あなたが決めることではありません。

借りる人を探すことは基本、無料です。

借りる人が見つかったときに、
契約手続きなどを業者に依頼するときに、
初めてお金を払うことになります。

なぜなら、不動産業界は、
基本、成功報酬だから。

だったら、借りる人なんているのかな?
と思っても貸し出してしまいましょう!

ただし、業者は成功報酬ってことは、
シゴトにならなそうな依頼は、
やんわりと断られるか、
放置(何もしない)されてしまいます。

ですが、今は、大家さんが
自分で借りる人を見つけられる時代。

その方法は・・・

不動産会社がゼッタイ教えない!
安全・カンタン・儲かる家の貸し方
http://www.ooyajuku.com/?p=4060

で、ご紹介しています。

先月で終了予定でしたら、
アンコールにお答えして年内2回限りで開催します。

第44回|12/18(木)午後7:30-9:30(池袋会場)
第45回|12/23(火・祝)午後2:00-5:00(成増会場)

詳細・お申し込みはこちらです。

不動産会社がゼッタイ教えない!
安全・カンタン・儲かる家の貸し方
http://www.ooyajuku.com/?p=4060


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!