ブログ

弁護士に依頼しよう

ここまでくるなら、連絡が取れず話し合いができないか、「払う」「退去する」と約束したことを何度も破られるような状況でしょう。

もはや滞納している家賃を払う意思も、収入源もないのなら、弁護士対応となります。

注意したいのは「弁護士なら誰でもいい」のではありません。弁護士事務所というより、立退を専門にしている業者で、弁護士を抱えている会社です。こうした専門業者に、立ち退きと滞納家賃の回収などを依頼しましょう。

弁護士の報酬の目安は家賃の3ヶ月分程度。家賃が安いなら3ヶ月分程度では足りないでしょう。また、入居者に立退料を支払うこともあります。

家賃を滞納されているのに、さらに立退料を払うという理不尽なことに理解できないかもしれません。しかし、それが「普通借家契約」の現実なのです。借地借家法で借主は過度に保護されていることの弊害なのです。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!