ブログ

新人大家さんのための
不動産投資戦略マスターの
大友哲哉です。

1/2は妻の両親と共に
子ども2人と6人で
名古屋の東山動物園に
行きました。

午前中は雪だったものの
昼過ぎから晴れてきて
よかったです。

ただ、下の3歳の息子は
そこまで動物に興味はなく
ハトを追いかけるのが
楽しいようです(苦笑

 

さてさて、今回のテーマはこちら。

遺産はなくても相続するのがお墓と仏壇

浅草寺

親が亡くなった後、たとえ、
お金や不動産などの遺産はなくても
相続するのがお墓や仏壇です。

また、お寺との付き合いや、
法事の取り仕切りを
誰が中心に行うのか?

これも問題になります。

  • 墓地保管料 年1万円から3万円くらい
  • 菩提寺のお布施 年3万円くらい
  • 法事の経費 1回10万円くらい

たいていは、長男が引き継ぎますよね。

しかし、長男でなければならない、
という法律はありません。

また、お墓や仏壇を引き継ぐことを理由に、
相続財産を増やしたり
減らしたりできる、
というルールはありません。

*もちろん相続人全員の合意があればできます。

一番良いのはのは、両親が事前に、
お墓や仏壇、法事のことも、
決めておいてくれることですね。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!